診療科のご案内

リハビリテーション科

リハビリテーション科は理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)合わせて35名が365日休まないリハビリ体制で取り組んでいます。脳卒中(脳梗塞や脳出血)の急性期治療後のリハビリや四肢や脊椎の骨折治療後のリハビリに力をいれています。また、胃がん・大腸がん・肺がん・肝がん・前立腺がんなどの、がん患者さんの手術や化学療法後のリハビリにも力を入れています。肺炎治療後等の廃用状態の患者さんのリハビリも在宅復帰、施設入所を目標に医師・看護師・薬剤師・リハビリスタッフ・介護士・ソーシャルワーカーの多職種が連携して取り組んでします。

リハビリテーションの目標

  1. 早い時期からリハビリテーションを開始します。
  2. 病棟内で家に帰ってから必要な動作を考えてリハビリテーションを提供します。
  3. がん患者に積極的な専門的リハビリテーションを提供します。
  4. 地域に根ざした包括的なリハビリテーションを提供します。

施設基準

  • ・脳血管リハビリテーションⅠ
  • ・運動器リハビリテーションⅠ
  • ・呼吸器リハビリテーションⅠ
  • ・がん患者リハビリテーション

専門の研修を受けたリハ職員が訓練を実施します。

歩行訓練風景

がんのリハビリテーションチーム

通所リハビリテーション

  1. 病院内で短時間(1~2時間)デイケアを行っています。
  2. パワーリハ中心で、個別訓練の時間を確保しています。
  3. 運動中心で入浴・食事等はありません。

介護相談風景

マシンを使った訓練

開設曜日 月~土(土曜は午前中のみ・祝日休み)
平成26年10月現在順次開設中・要相談
時間 午前の部 午後の部
10時~12時(送迎あり) 13時~15時(送迎あり)
15時~17時(送迎無し)
定員 10名 各時間帯10名
お問い合わせ先 直通携帯電話 070-1321-8253

各病棟のリハビリテーション

一般病棟

急性期治療を中心に早期からリハビリを開始します。
寝たきり防止・廃用予防を行います。

地域包括ケア病棟

地域生活に戻るために生活を中心としたリハビリを行います。
多職種でのチーム医療を行います。

平行棒内訓練

整容動作訓練

緩和ケア病棟

痛みの緩和ややりたいリハビリを支援します。