診療科のご案内

疼痛緩和内科(緩和ケア)

主な診療内容

癌の痛みや精神的な苦痛は辛いものです。
これらを取り除く方法に精通したスタッフにより、症状のコントロールを行います。
また、安心して静かな環境で過ごして頂けるよう、快適な病棟が整備されています。

緩和ケア病棟のご案内

緩和ケア病棟の入院条件について
当院の緩和ケア病棟は次のような方を対象にしています。
  • 1. 抗がん剤など治癒を目的とした治療を行わない、がんなどの悪性疾患の患者さん。
  • 2. がんなどによって生じる苦痛の緩和を必要としている患者さん。
入院の基準は概ね次のとおりです。
  • 1. 患者さんおよびご家族が、緩和ケア病棟への入院を希望している。
  • 2. 入院時に病名、病状を患者さんが理解している。

※個人情報は厳守いたします。
※緩和ケア病棟では、抗がん剤を用いた治療など治癒を目指した治療は行いません、病気の自然な経過を観ていくことになりますが、辛い症状には積極的な緩和を目指します。
このことを患者さんとご家族が了解されていることが必要です。
(注:まだ入院する必要はないが、いずれは緩和ケア病棟に入院したいと希望される方は、緩和ケア外来(再診)に通院することが可能です。)
※徘徊・大声を上げる、暴力行為などで他の患者さんの入院生活にご迷惑になるような患者さんは入院をお受けしていません。
※体調が安定したら、外出・外泊の調整や在宅で生活ができるよう支援いたします。

緩和ケア病棟基本理念

私たちは、がんと共に生きる人々の尊厳を大切にし

  • 1. がんに伴う精神(こころ)や身体(からだ)の苦痛の緩和に努めます。
  • 2. 患者さんとご家族の大切な時間を支援します。
  • 3. 地域における緩和医療の普及と向上に努めます。
緩和ケア病棟

デイルーム

浴室

緩和ケア病棟の病室はすべて個室で、有料個室2室、無料個室14室、計16床です。
病棟全体がバリアフリー構造となっており、トイレも車いすで入れます。
また、ご家族の寝泊まりする家族控室や、横になったまま入浴できる特殊入浴室などの設備もあります。
ご自宅と同様の安らぎが得られるように、食堂ホールやキッチン、シャンプー室など、様々な工夫がなされています。
病室での夜間付添や家族控室の利用をご希望されるご家族には寝具等の貸し出しを致します。

入院お申込みの手順

緩和依頼書Excel 緩和ケア依頼書Excel 緩和依頼書odf

医師の紹介

医師

園部 聡SATOSHI SONOBE

「緩和ケアとはがんと診断された時から始まります。
当院の緩和ケア外来には、抗がん治療中の方もたくさん通院されています。
がん患者さんの悩みは多岐にわたります。
患者さんの悩みを共有し、患者さんに寄り添う医療を提供していきいたいと思います。」